×
By
Reuters
掲載日
2017/02/20
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ロンドン ファッションウィーク:英貴族のカントリーライフを描いた「マルベリー」、ドリーミーな「テンパリーロンドン」

By
Reuters
掲載日
2017/02/20

 ロンドン ファッションウィーク中、ジョニー・コカ(Johnny Coca)の「マルベリー(Mulberry)」が見せたのは、英国貴族のカントリーライフにインスパイアされたコレクションだ。ツイード、レース、エンブロイダリーを彼らしいデザインに落としこんだ。乗馬文化に着想を得て、キルトケープ、ボウタイブラウスにアシンメトリックスカートなども登場。

Mulberry - Fall-Winter2017 - Womenswear - London - © PixelFormula


 クロシェットやラッフルドレスの装いは、古き良き貴族のよう。オーバーサイズのツイードジャケットやスカートスーツ、ティアードドレスなどにはフローラルエンブロイダリーをあしらった。
 
 「伝統的なものが新鮮に感じられるようにしたかった」とコカはコメント。「古き良きブリティッシュスタイルを使って、現代にぴったりのものを作ったんだ」。

 オックスブラッドレッド、ジンジャー、グリーン、パープル、イエロー、ラベンダー、ブルーといったカラーパレットに、ヴィンテージライクなジュエリーをスタイリング。チャンキーヒールのシューズにニットソックスとジュエリーを合わせることで、モダンなタッチをプラスした。

Temperley London - Fall-Winter2017 - Womenswear - London - © PixelFormula


  「テンパリーロンドン(Temperley London)」は、ペールブルー、ライラック、ピンクのソフトなドレスを纏ったモデル達と共に、観客をドリーミーでロマンチックな逃避行へいざなった。
 
 「ペインテッド・ドリーム(Painted Dreams)」と名づけた今回のコレクションでは、パフスリーブのペザントルックシャツ、ハイカラーとブラックネックボウ、ハイウウェストトラウザーズに、エンブロイダリートップスとスカートのコンビネーションなどを見せたアリス・テンパリー(Alice Temperley)。
 
 続いて、シースルー、プリント、フローラルやリップエンブロイダリーなど様々なドレスが登場。バックレスローファーと合わせたルックに仕上げた。
 
 イヴニングウェアでは、シャイニーなドレスにキルト風のスカートやドレス、シルキーなジャンプスーツも見られた。ハイネックニットは、スパンコールスカートとスタイリング。
 
 「すごく美しい服を売るつもり。商品は、そう……夢みたいでないと」とロイターに語ったテンパリー。「それにこのご時世だし……多様性や個性を称えるようなものを作りたかったの」。
 

© Thomson Reuters 2021 All rights reserved.