×
572
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

ロンドンFW開幕、オープンでイマーシブ、"ポピュリスト"なイベントに

掲載日
today 2019/09/12
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 今シーズンのロンドンを取り巻く状況は複雑なものだが、それでもポジティブな変化を期待するムードが漂っている。

Alexachung - Fall-Winter2019 - Womenswear - London - © PixelFormula


 英国ファッション協議会(British Fashion Council)(以下、BFC)は、一般客をメイン会場に招待するという史上初の試みを行う。「アレクサ・チャン(Alexa Chung)」や「ハウス オブ ホランド(House Of Holland)」、「セルフポートレイト(Self-Portrait)」といったメジャーブランドのランウェイにも一部一般人の参加が予定されている。
 
 BFCのねらいは、ロンドン ファッションウィークを「街をあげたカルチャーの祭典にし、より多くの人にファッションを紹介する」ことにあるという。

 それとは別に、バイヤー、エディター、インフルエンサーといった面々はまた別の面倒ごとに直面することになる。そう、「Extinction Revellion(絶滅への抵抗)」だ。同団体はロンドン ファッションウィークを「閉鎖」に追い込むと宣言しており、ゲストがショー会場に入るのを阻む計画だとされている。今のところ具体的な方法は明かされていないが、実際、彼らは今年の4月にウォータールー橋を占拠し、国会議事堂前広場の封鎖に成功した。逮捕者は290人に上り、55のバス路線が迂回・運航中止。50万人近くに影響を出した。
 
 とにかく、9月13日~17日の期間中には、66のブランド、74のショップ、170のイベントが参加する予定だ。「街をあげた祭典」に協賛している店には「#LFW」のサインが掲げられる。
 
 他にも、ビリー・ポーター(Billy Porter)、エヴァ・チェン(Eva Chen)、ヘンリー・ホランド(Henry Holland)、ローラ・ブラウン(Laura Brown)、ローラ・ウィアー(Laura Weir)、リンジー・ピープルズ・ワグナー(Lindsay Peoples Wagner)による対談にも一般人がアクセスできる。
 
 さらに、「Postbox Maze」のようなイマーシブなアートインスタレーションも街のあちこちで開催されるという。

Burberry - Fall-Winter2019 - Womenswear - London - © PixelFormula


 とにかく、9月13日~17日の期間中には、66のブランド、74のショップ、170のイベントが参加する予定だ。「街をあげた祭典」に協賛している店には「#LFW」のサインが掲げられる。
 
 他にも、ビリー・ポーター(Billy Porter)、エヴァ・チェン(Eva Chen)、ヘンリー・ホランド(Henry Holland)、ローラ・ブラウン(Laura Brown)、ローラ・ウィアー(Laura Weir)、リンジー・ピープルズ・ワグナー(Lindsay Peoples Wagner)による対談にも一般人がアクセスできる。
 
 さらに、「Postbox Maze」のようなイマーシブなアートインスタレーションも街のあちこちで開催されるという。

House of Holland - Fall-Winter2019 - Womenswear - London - © PixelFormula


  パリでも、大手ブランドは近年重要な顧客である「VIS = Very Important Shoppers」をランウェイショーに招待し始めているが、ロンドンはより大衆向けにこれを拡大した形になる。
 
 有名セレクトショップ「ブラウンズ(Browns)」イーストロンドン店では、韓国出身のDJペギー・グー(Peggy Gou)手掛ける「キリン(Kirin)」のローンチパーティーが行われるが、こちらも一般に開放。ドリンクや音楽を楽しむのはもちろん、ペギー・グーがカスタマイズした限定シャツも購入できるという。サウスモルトンストリート店では、「チャールズ ジェフリー ラバーボーイ(Charles Jeffrey Loverboy)」や「パリア・ファルザネ(Paria Farzaneh)」など新世代のデザイナーを展示している。

Self-Portrait Fall 2019 - Image: Self-Portrait


  メイフェアでは「バーバリー(Burberry)」本店併設の「Thomas’ Café」でスペシャルメニュー「ロンドン ファッションウィーク ブレックファスト」が味わえるほか、ソーホーの「ギャップ(Gap)」ポップアップでは「Embroider Your Denim Workshop」が開催される。ECサイト「Matchesfashion」の実店舗では、「モクレールジーニアス x リチャード・クイン(Moncler Genius x Richard Quinn)」のインスタレーションも。
 
 そして「マルベリー(Mulberry)」はサマセットにあるファクトリーから職人を招き、リーゼントストリートの旗艦店でクラフツマンシップの実演を行う予定だ。
 
 様々なアクティビティやイベントが溢れるなか、ランウェイショーとスケジュールを調整するのは難しくなりそうだ。

 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com