ヴァージルが捉えた日本の日常風景、企業風ロゴがキャッチーな「ルイ・ヴィトン」メンズの新作が発売

  「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」が、メンズの2019年秋冬プレコレクションを5月1日に発売する。ルイ・ヴィトン新宿店と阪急メンズ店では4月26日に先行販売を開始し、新宿店ではウィンドウディスプレイをはじめ、1階と2階の2フロアにわたりコレクションを展開する。

Image: Fashionsnap.com

 新宿三丁目交差点に面した新宿店は、明治通りを挟んで対面の伊勢丹本館およびメンズ館との回遊性が高い立地ということもあり、男性客も多い店舗。メンズ アーティスティック ディレクターのヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が手掛ける初のプレコレクションは、日本の公共サービスのユニフォームからインスピレーションを得たり、企業ロゴを連想させるグラフィックをあしらうなど、ヴァージルの視点から解釈した「日本」がデザインに反映されている。
 
 店内はネオンサインのようなディスプレイや床にプリントされたロゴが彩り、コレクションの世界観を表現。ブランドのヘリテージであるレザーのモノグラムに原色カラーのグラフィックを組み合わせたチョークバッグ(22万5,000円)やバックパック(31万円)はエクストリームスポーツに使用するバッグから、フラットなトート(27万円)やクロスボディメッセンジャーはディスポーザルバッグからそれぞれインスピレーションを得ており、スポーティーなプロダクトや日用品をラグジュアリーに昇華している。
 
 バッグのほか、キーチャーム(2万7,000円)やスカーフ(6万円〜)、ベルト(6万6,000円)の小物類をはじめ、Tシャツ(7万5,000円)、シャツ(10万6,000円)、スウェットジャケット(15万2,000円)、デニムジャケット(23万円)、ウィンドブレーカー(32万2,000円)のウェアなど、ヴァージルの得意とするストリートのエッセンスを注入したアイテムの数々をラインナップする。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - シューズラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - アクセサリー・雑貨ラグジュアリー - シューズリテール
新規登録