×
572
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

三愛水着楽園からリブランディングした「サンアイリゾート」が初代アンバサダーにモデルのKellyを起用

掲載日
today 2019/02/20
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 ワコールの子会社であるAiが展開する「三愛水着楽園」から名称を変更しリブランディングを行った「サンアイリゾート(San-ai Resort)」が、新アンバサダー「San-ai Resort ambassador」としてモデルのKellyを起用した。

San-ai Resort AmbassadorのKelly - Image: Fashionsnap.com


 Kellyはブラジル・サンパウロ出身で、雑誌「クラッシィ(Classy.)」「バイラ(Baila)」「オトナミューズ(Otona Muse)」などでモデルとして活動。スーパーフードマイスターやRYT200(国際ヨガライセンス)、Padiオープン・ウォーター・ダイバー(ダイビングライセンス)などの資格を持っている。初代アンバサダーに起用されたことについてKellyは「本当に光栄で嬉しく思います。新しくなったサンアイリゾートの世界観をたくさんの人に知って頂けたら」とコメントし、今回の起用を機に「テレビ出演など、新しいことにどんどん挑戦していきたいです」と抱負を語った。
 
 San-ai Resort Ambassadorは、山本梓をはじめ、菜々緒や木下優樹菜などを輩出し、2002年から17代続いたオーディション形式による「三愛水着イメージガール」を刷新したもの。「トラベルエモーションズ(Travel Emotions)」をテーマに「大人リゾート市場」の創出を目指すサンアイリゾートは、ブランドコンセプトに一致した人物の起用や、SNSを主軸としたマーケティング強化によりブランドの世界観の浸透を目指す。また、今後同社では現在展開している香港をはじめ、4月から中国最大の総合オンラインショッピングモール「天猫(Tmall)」での取り扱いを開始するなど、世界展開の拡大を図っていくという。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

こちらもどうぞ

keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right