×
By
fashionsnap
掲載日
2021/04/27
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

三越伊勢丹HDが約57億円の特別損失を計上、従業員賞与など人件費減額も

By
fashionsnap
掲載日
2021/04/27

 三越伊勢丹ホールディングスが4月27日の今日、 連結子会社が保有する店舗設備などについて事業環境や今後の見通しを勘案し、約57億円を特別損失に計上すると発表した。



 このほか、新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、繰延税金資産約36億円を取り崩すほか、人件費の減額を実施。今年6月に支給を予定している従業員賞与など約37億円の人件費を減額することを決めた。

 なお、同社は今年1月に発表した2021年3月期(2020年4月1日~2021年3月31日)の業績予想を修正。子会社の三越伊勢丹において売上高が当初の想定を上回ったことや、経費削減を行ったことにより、売上高を8160億円(前回予想は8000億円)、営業損益を210億円の赤字(同330億円の赤字)、経常損益を175億円の赤字(同340億円の赤字)、親会社株主に帰属する四半期純損益を415億円の赤字(同450億円の赤字)を見込む。
 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.