三陽商会/Abejaと業務提携、AIによるデータ活用推進

 三陽商会とディープラーニングを活用したAIの社会実装事業を展開するAbejaは10月30日、AIを活用した新たな顧客体験の実現、小売流通業界におけるテクノロジー活用の推進に向け、業務提携を発表した。

三陽商会がAbejaと業務提携 - 出典:三陽商会決算説明会資料

 小売流通業界では、国内市場の停滞や顧客購買プロセスの変化を背景に、画像解析によるリアル店舗での顧客行動の見える化やオムニチャネル化の推進、顧客購買体験価値の向上を促進すべく、テクノロジーを活用した構造改革が進んでいる。
 
 今回の提携は、シームレスかつパーソナライズされた顧客体験の実現のみならず、その成果を業界全体へ還元し、小売流通業界におけるテクノロジー活用を推進していくことを目的としている。
 
 購買プロセスにおける顧客・購買データの一元化、AIによるさらなるデータ活用の推進、小売流通業界のデジタルトランスフォーメーション促進を図る。
 
 今後、店頭での接客やマーケティングなど複数の観点から、仮説検証を行っていく。
 
 Abejaはディープラーニング技術を活用し、様々な大量データの取得、蓄積、学習、デプロイ、推論・再学習を行うPaaS(Platform as a Service)技術「Abeja Platform」を基に、2015年より小売流通業界向け店舗解析サービス「Abeja Insight for Retail」を提供している。
 
 三陽商会は、バリューチェーン全領域におけるデジタルトランスフォーメーションの推進を経営改革戦略の要とし、2018年2月より、「Loveless」、「Mackintosh Philosophy」、「Epoca The Shop」など主要ブランドの旗艦店19店舗に「Abeja Insight for Retail」の導入を進めてきた。
 
 今回の提携について、三陽商会の岩田功社長は、「当社の成長戦略の柱の一つとして、バリューチェーン全領域でのデジタルトランスフォーメーション推進を掲げています」。
 
 「その中でも、リアル店舗とオンラインを結ぶシームレスな購買体験の提供と、購買履歴に基づきパーソナライズされた接客サービスは最も重要な施策です。今回のAbeja社との取り組みは、当社のデジタルトランスフォーメーションをさらに推進し、お客様価値の創造と最大化への近道になると考えています」とコメントしている。



Copyright © 2018 All rights reserved.

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ビジネスイノベーション
新規登録