×
132
求人
NIKE
Japan - Assistant General Counsel - Privacy & Security
正社員 · Tokyo
PUMA
Cpg Sales Executive
正社員 · Tokyo
NIKE
j30 Operations Technology Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Brand Marketing For Effectim
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Commercial Finance Director
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associated Brand Manager, Brand Development Asia g, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
NIKE
j30 Project Management Office Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
By
fashionsnap
掲載日
2020/10/06
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

三陽商会3〜8月期は最終赤字66億円、160の不採算売場を撤退へ

By
fashionsnap
掲載日
2020/10/06

 三陽商会が2021年2月期第2四半期(2020年3月1日~8月31日)の連結業績を発表した。売上高は153億2800万円(前年同期は297億3500万円)、営業損益は57億1200万円の赤字(同8億6300万円の赤字)、経常損益は57億3800万円の赤字(同8億2700万円の赤字)とし、親会社株主に帰属する四半期純損益は66億4800万円の赤字(同6億600万円の赤字)に沈んだ。

「ギンザ・タイムレス・エイト」(2019年9月撮影) Image by: FASHIONSNAP.COM


 業績不振の理由として同社は、新型コロナウイルス感染症の影響から実店舗では一般家庭の外出自粛やインバウンド需要が大幅に減少したことなどを挙げた。増加した在庫品の圧縮や、新規商品仕入高のコントロール、EC販路の強化などに取り組み、EC販路では施策が奏功し順調に売上高を確保したが、主販路の百貨店を中心に運営する実店舗では休業および来店客数が減少し、売上高が大幅に減少。販売費及び一般管理費に関しても人件費の抑制、不動産賃貸料の減額交渉などの削減に努めたが、営業損失は拡大したという。

 また、未定としていた2021年2月期の通期連結業績予想を発表。売上高は380億円(前年同期は688億6800万円)、営業損益は85億円の赤字(同28億7500万円の赤字)、経常損益は96億円の赤字(同28億9900万円の赤字)、親会社の所有者に帰属する当期純損益は35億円の赤字(同26億8500万円の赤字)と予想している。同社は、4期連続で最終赤字を計上しており、今期で5年連続での赤字決算となる見通し。広告宣伝費、販売促進費の効率化に努めるほか、「ラブレス(Loveless)」や「キャスト:(CAST:)」をはじめとする店舗を集約し、今期中に160の不採算売場から撤退することで販売関連経費の削減を進めるという。
 

Copyright © 2022 Fashionsnap. All rights reserved.