×
By
fashionsnap
掲載日
2020/08/24
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

上場アパレル企業7月の売上高は18社が前年割れ、コックスやワークマンなど6社は増収

By
fashionsnap
掲載日
2020/08/24

 帝国データバンクが、アパレルの上場企業(または上場グループ中核企業)24社の2020年7月の月次売上高動向調査結果を発表した。西松屋チェーン、ワークマン、Tokyo Base、しまむら(ファッションセンターしまむら)、コックス、ファーストリテイリング(ユニクロ)の6社を除く18社が、前年同月の売上高を下回った。

Workman Plus さいたま佐知川店 - Image: ワークマン


 帝国データバンクによると、緊急事態宣言の解除後、全面的に営業を再開したことで6月の売上高は全体的に回復傾向にあったが、7月は感染者数増加による外出自粛や天候不順の影響を受け、客足の後退傾向がみられた。前年同月比が6月よりも下回った企業は増加し、18社のうち12社で減少幅が拡大。はるやまホールディングス、 コナカ、 青山商事の紳士服関連企業の3社は減少幅が縮小したが、6月の減少幅が他社よりも大きかったことに起因している。

 最も増収幅が拡大したのはコックスで、前年同月から4割以上伸長。テレビなどで話題を集めた「ひやマスク」に加え、メンズのTシャツや接触冷感のパンツ、ウィメンズのプルオーバーやブラウスが好調に推移した。

 

Copyright © 2020 Fashionsnap. All rights reserved.