×
By
fashionsnap
掲載日
2018/01/29
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

世界初、ゴールドウインと小松精練が玉ねぎの外皮を用いたスポーツ衣料を共同開発

By
fashionsnap
掲載日
2018/01/29

 ゴールドウインと小松精練が、玉ねぎの外皮を用いてメリノウールをハイブリッド染色したスポーツ衣料を世界で初めて開発した。

小松精練と共同開発 - 画像: ゴールドウイン


 今回開発したスポーツ衣料は色落ちしにくく美しい色合いを楽しむことができ、カラーはサクラ、オニオン、バンブーチャコールの3色を展開。日本の産地から得た天然色素を、廃棄される玉ねぎの外皮を使用し化学染料とハイブリッド染色している。ゴールドウインが展開する「アイスブレーカー(Icebreaker)」で、ハーフスリーブシャツやロングスリーブシャツ、カーディガンなどの商品が1月末から販売される。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.