×
掲載日
2020/08/24
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

世界最大級のオンライン展示会が誕生、「NuOrder」とInformaが提携

掲載日
2020/08/24

 「Magic」や「Project」といったファッション展示会を主催するInforma Markets社と、米国発BtoBデジタルプラットフォーム「NuOrder」が提携し、大規模なオンライン展示会「Informa Markets Fashion × NuOrder Digital Trade Event」を開催する。会期は9月1日〜11月1日。

公式サイトより


 世界的な新型コロナウイルス感染拡大の影響により、各国で大規模なイベントの中止が相次いでいるほか、バイヤー・出展者の双方にとっても、国を跨いでの来場が困難になっているのが現状だ。オンライン展示会では、そんな「時間的・距離的制約」が解消され、余裕を持った気軽な商談・取引が可能となる。

 また、「NuOrder」は充実したデジタルショールーミング機能を有するほか、オーダー管理システムによる発注作業の効率化、購買者層と非購買者のインサイトといった情報分析も可能で、システム面での利点も大きいという。

 Informa Marketsは「Magic」、「Coterie」、「Project」、「Micam Americas」、「Chirdren’s Club」といったオフライン展示会をアメリカを中心に開催しており、25万6000店のリテーラー情報を有し、年間4000以上のブランドが出展する。
 
 一方の「NuOrder」にも、「サックス・フィフス・アベニュー(Saks Fifth Avenue)」、「ブルーミングデールズ(Bloomingdale’s)」「フレッド シーガル(Fred Segal)」、「ノードストローム(Nordstrom)」、「アーバン・アウトフィッターズ(Urban Outfitters)」といった有名店を含む50万以上のバイヤーと、2000以上のブランドが登録している。

 今回の提携により、こうした双方の顧客ネットワークを統合することで、「世界最大規模のデジタル市場が誕生する」とInforma社。

 「Informa Markets Fashion × NuOrder Digital Trade Event」は現在登録を募集しており、開催期間中の登録も受け付けている。

 ウィメンズの「Magic」、高価格帯ウィメンズ関連商材を扱う「Coterie」、メンズ・ユニセックスが対象の「Project」、シューズの「Micam Americas」、ベビー・トドラー・キッズの「Childrens’s Club」と、5つの展示会から選択して出展でき、複数を選択することも可能だ。

 また、「Project」カテゴリ内では、ジャパンブランドをフィーチャーするエリアとして「Project Tokyo」も新設されているという。

 ちなみに、東京で2019年から始まった展示会「Project Tokyo」だが、今年の3月展がコロナ禍によりキャンセルとなったものの、9月展は従来通り開催される予定だ。


■Informa Markets Fashion × NuOrder Digital Trade Event
会期:2020年9月1日〜11月1日
登録方法:https://www.magicfashionevents.com/en/digital-trade-event/exhibit.html
公式サイト


■Project Tokyo 2020 September
会期:2020年9月17日〜9月18日(木)
開催時間:10:00〜19:00
会場:渋谷ヒカリエ 9F HIKARIE HALL
*来場には事前登録が必要
公式サイト

 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com