×
掲載日
2018/03/22
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

中国・復星が買収の「ランバン」、オリヴィエ・ラピドゥスが退任

掲載日
2018/03/22

 先月、中国の復星(Fosun)グループが買収したばかりの「ランバン(Lanvin)」だが、アーティスティックディレクターのオリヴィエ・ラピドゥス(Olivier Lapidus)がわずか2シーズンで去る。ラピドゥスは昨年7月にブシュラ・ジャラール(Bouchra Jarrar)の後任に収まったものの、コレクションの評判は芳しくなかった。

DR


 メンズを手掛けるルカ・オッセンドライバー(Lucas Ossendrijver)は現在のところブランドに留まる予定だ。

 また、二コラ・ドリュ(Nicolas Druz)はジャンヌ・ランバン社のCEOを退き、復星国際傘下の復星ファッショングループ(Fosun Fashion Group)において、欧州・中東・アフリカ事業のトップに就任する。

 ランバンのCEO職は、復星の程云(Joann Cheng)が暫定的に担う。

 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com