×

二重橋スクエア/日本初5店含む25店・2700m2の商業施設オープン

掲載日
2018/11/05
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 三菱地所は11月8日、東京商工会議所、東京会館とともに、千代田区丸の内三丁目の「富士ビル」「東京商工会議所ビル」「東京会館ビル」の3棟一体建て替えを進めていた「丸の内二重橋ビル」の商業ゾーンをオープンする。11月5日マスコミ・関係者向け内覧会を行った。

丸の内二重橋ビル


 地下1階から2階まで、飲食・物販の多彩な店舗が集積する商業ゾーン名称を「二重橋スクエア」としている。
 
 店舗面積計約2700m2に、日本初出店5店含む計25店舗(飲食17、物販7、サービス1)がそろう。

 三菱地所は「丸の内二重橋ビルは、丸の内地区の中でも、丸の内~有楽町の結節点にあたり、このビルの存在で丸の内に回遊性を高める。店舗数こそ多くないが、飲食・物販ともに、それぞれ希少性が高く、特定のファンがついている情報発信力が強い店が出店している」。
 
 「東京会館、東京商工会議所も入居するので、来街者だけでなく、ビジネス接待、ハレの日需要も見込む。建替えにあたり、1階で飲食店が入れられるように設計し、テラス席も充実。エリア全体を盛り上げていきたい」と説明している。
 
 日本初出店は「ピエール・エルメ」「Adrift by David Myers」「Goldwin Marunouchi」「Morton’s The Steakhouse」「Yaumay」の5店。

Ermenegildo Zegna


 そのほか、イタリアを代表する高級紳士服ブランドである「Ermenegildo Zegna」がビジネスウェアからカジュアルウェア、レザーグッズ、ライフスタイルなどのコンセプトショップを出店する。

J.M.Weston


 フレンチトラッドシューズ「J.M.Weston」の南青山に次ぐ東京都内路面店二号店がオープンする。平均客単価は約15万円、丸の内限定品としてアリゲーターのストレートチップ(税込66万9600円)といったこだわりの品が並ぶ。
 
 また、モデルの桐島かれん氏がクリエイティブディレクターを務めるライフクラフトブランド「ロータス」(店舗面積約60m2)6店舗目も開店する。

ロータス


 人気のかごバッグ、カトラリー、インドの繊細な手仕事のワンピースなどストーリー性のある商品を品揃えした。

45R


 同じく1階には着心地の良さにこだわったアパレル「45R」(店舗面積約79m2)が、新デザインの店舗を出店。
 
 天井高が約4mの広々とした店内にこだわりの「ラグジュアリー・ビンテージ」の商品がそろう。屋久杉を使った什器、銅板で仕上げた壁、石材を使った床で機能的で温かみのあるデザインに仕上げた。
 

ディプティーク5店目となる直営店


 ライフスタイルフレグランスメゾン「Diptyque(ディプティーク)」(店舗面積約115m2)は、5店目となる直営店がオープン。フレグランスキャンドル、オードトワレをそろえた。店内は、オードパルファン「オポネ」の金継ぎ風デザインをイメージし、白に金のアクセントを入れている。


■丸の内二重橋ビル概要
所在地:東京都千代田区丸の内3-2-3
竣工:10月15日
階数・高さ:地下4階・地上30階・塔屋2階、約150m
敷地面積:約9900m2
延床面積:約17万3000m2
事務所貸付有効面積:約7万m2
店舗貸付有効面積:約2700m2 ※地下1階~2階
用途:事務所、会議場、バンケット、店舗、駐車場など
駐車場:170台



Copyright © 2018 All rights reserved.

不許複製・禁無断転載
© 2020 FashionNetwork.com