×
掲載日
2017/08/31
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

仏ギャラリーラファイエット、大手ECラ・ルドゥートを買収

掲載日
2017/08/31

 フランスの百貨店ギャラリーラファイエット(Galeries Lafayette)グループが、同国のEC大手ラ・ルドゥート(La Redoute)の株式51%を取得すると発表した。グループ傘下のMotierホールディングを通じて、将来的には完全子会社化を予定していているという。

Les Galeries Lafayette Haussmann - DR


 「ファッションや小売の業界は、前例の無い世界的な景気低迷に直面している。ラ・ルドゥートとギャルリーラファイエットは、お互いのポジショニングや経験を補完し合い、ファッションとインテリアの分野において、実店舗とオンライン双方でのビジネスにより、フランス的なオリジンを持ちつつ国際展開を拡大し、リーダーとなるグループになり得るだろう」とギャラリーラファイエットのフィリップ・ウゼ(Philippe Houzé)会長。
 
 ラ・ルドゥート(La Redoute)は2014年、「グッチ(Gucci)」などを所有するラグジュアリーコングロマリット、ケリング(Kering) に買収された。共同社長であるナタリー・ベッラ(Nathalie Balla)とエリック・クルテイユ(Eric Courteille)の両氏は引き続き同職に就く。

 「ギャラリー・ラファイエットグループに加わることで、フランス国内はもちろん国外でも事業を拡大し、2021年の売上高10億ユーロ(約1313億8200万円)という目標を達成することができるだろう」と両社長。
 
 フランスで最大級のECサイトである「ラ・ルドゥート」の売上高は7億5000万ユーロ(約985億3600万円)、ユニークビジター数は毎月900万人に上る。
 

(2017年8月31日現在、1ユーロ=131円で換算)
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com