仏デザイナー賞ANDAM、2014年はKeringなど新たに3社がスポンサーに

 今年で25周年を迎えるフランスのデザイナー賞「ANDAM Fashion Award(アンダム ファッション アワード)」の応募受付がスタートした。2014年は「Kering(ケリング)」など新たに3社がスポンサーとして加わり、KeringグループのFrancois-Henri Pinault(フランソワ・アンリ=ピノー)CEOがメンターを務める。ファイナリストは3月に発表され、7月に受賞者が決定する。


2014年「ANDAM」のメンターを務めるFrançois-Henri Pinault


 また、今年より受賞者への支援期間をこれまでの1年間から2年間へと延長する。受賞者は、多彩なスポンサー企業による協力の下、広報やオンライン事業、法的手続きなどファッションビジネスに関する幅広い知識を学ぶことができる。


2013年の受賞者と、ANDAM創設者のNathalie Dufour、OTBのRenzo Rosso


 今年もグランプリ受賞者には25万ユーロ(約3500万円)、その他受賞者には7万5000ユーロ(約1050万円)の支援金が贈られる。

 長年にわたりスポンサーを務めてきたLVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)グループ、ピエール・ベルジェ&イヴ・サンローラン財団、Only The Brave(OTB)、ロンシャン、仏百貨店ギャラリー・ラファイエット グループ、カナダの百貨店Hudson's Bay Company、スワロフスキー、Fashion GPSに加え、今年は新たにケリング、M.A.C. Cosmetics、国際ショールームTomorrowの3社がスポンサーとして参加。「ファーストコレクション賞」受賞者の作品は、パリとミラノのTomorrowで販売される予定だという。

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

ラグジュアリー - その他デザイン
新規登録