仏ファッション賞「アンダム」2016年ファイナリストに松重健太が選出

 フランスの権威あるデザイナー賞として知られる「ANDAM fashion award(アンダム ファッション アワード)」の2016年ファイナリストが発表された。気鋭デザイナーを選出する賞で、グランプリを含めた3部門のうち新人賞に当たるファーストコレクション賞にパリ在住の日本人デザイナー松重健太がノミネートされている。

仏ファッション賞「アンダム」2016年ファイナリストに松重健太が選出

  「ANDAM」は、現地で活躍する新進デザイナーの支援を目的に、DEFI(フランス服飾開発推進委員会)の主催で年に一度開催。スポンサーにはケリング(Kering)やLvmhなどラグジュアリーブランドを擁する大手企業が名を連ねている。1989年に開催された第一回の受賞者martin Margiela(マルタン・マルジェラ)、前回の2015年は、ステファン・アシュプール(Stephan Ashpool)が手がける「ピガール(Pigalle)」がグランプリに輝いた。
 
 2016年のグランプリのファイナリストは、LVMHプライズのファイナリストにもノミネートされたトーマス・メリコスキ(Tuomas Merikoski)が手がける「アアルト(Aalto)」やサイモン・ジャックムス(Simon Jacquemus)が手がける「ジャックムス(Jacquemus)」、クチュール工房のアーティスティックディレクターとしても活動しているChristelle Kocherの「コシェ(Koché)」、ストリートブランド出身のルーク・メイヤー(Luke Meier)が手がける「OAMC」、そしてレインウエアブランド「ワンダ ナイロン(Wanda Nylon)」といった多彩な顔ぶれ。ファーストコレクション賞には、「アトライン(Atlein)」、「ハーモニー パリ(Harmony Paris)」、そしてイエール国際モード&写真フェスティバルで2014年にグランプリを受賞した松重健太が手がける「ケンタ マツシゲ(Kenta Matsushige)」がノミネートされている。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ラグジュアリー - その他デザイン
新規登録