×

伊アイウェア企業サフィロが「イザベル マラン」とライセンス契約締結、21年春夏から展開

By
fashionsnap
掲載日
2020/03/12
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 イタリアのアイウェア企業サフィロ(Safilo)が、「イザベル マラン(Isabel Marant)」とサングラスと光学フレームにおけるデザインおよび製造、販売に関する10年間のグローバルライセンス契約を締結した。初のコレクションは2021年春夏シーズンに発売する予定。

Isabel Marant - Fall-Winter2020 - Womenswear - Paris - © PixelFormula


 ライセンス契約に際してサフィロ最高経営責任者のアンジェロ・トロッキア(Angelo Trocchia)は、「イザベル マラン特有のパリスタイルをアイウェアコレクションに反映し、フランスだけでなく世界の女性に対してアピールするほか、アイウェア分野におけるブランドの拡大に注力する」とコメントしている。
 
 サフィロは「フェンディ(Fendi)」をはじめ、「ボス(Boss)」や「バナナ・リパブリック(Banana Republic)」など様々なファッションブランドのアイウェアを手掛けている。

 

Copyright © 2020 Fashionsnap. All rights reserved.