伊エルマンノ・シェルヴィーノが日本庭園を望む大使館で新作発表

 伊ブランド「エルマンノ・シェルヴィーノ(Ermanno Scervino)」が11月18日、イタリア大使館で2015年春夏コレクションのプレゼンテーションを開催した。日本とイタリアの文化が融合する空間に新作ルックが並んだ。


 1999年にスタートした「エルマンノ・シェルヴィーノ」は、先入観にとらわれない斬新なラグジュアリーコレクションで知られ、メンズとウィメンズのコレクションをミラノで発表している。日本では伊藤忠商事が独占輸入販売権を取得し、2014年春夏シーズンからグループ会社のコロネットが展開。日本国内のプレゼンテーションは、コロネットの取り扱いになってから初めての開催となった。

 日本庭園を望む広間を会場に、最新コレクションを着せたボディが整列する演出は、デザイナーのエルマンノ・シェルヴィーノが自ら調整。「日本とイタリアのクラフトマンシップが融合したような空間になった」(広報担当者)という。デイタイムとイヴニングのどちらも楽しむ女性たちに向けて作られたという2015年春夏コレクションは、リネンキャンバスやラフィアといった軽やかな素材とブランドを代表するレース、そしてリアルとフェイクを両用したパイソンなどを使用し、グラマラスなシーズンとなっている。

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - アクセサリー・雑貨ラグジュアリー - シューズファッションショー
新規登録