伊オンワードラグジュアリーグループから初のオリジナルブランド「フォワード」がデビュー、デザイナーはオフ-ホワイト出身

 伊オンワードラグジュアリーグループが展開する初のオリジナルブランド「フォワード(F_WD)」が、2019年秋冬シーズンにデビューする。

Image: F_WD

 フォワードでは「環境に優しい明るい未来を築きたい」といった想いから、再生素材や生分解性素材、植物性素材など環境に配慮した素材を用いたウェアやシューズを展開する。デザイナーは、「サンローラン(Saint Laurent)」や「パコ ラバンヌ(Paco Rabanne)」「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™(Off-White c/o Virgil Abloh™)」などでシューズデザイナーとして活動してきたラファエル・ヨン(Raphael Young)。デビューに先立ち、イギリスの老舗百貨店セルフリッジズ(Selfridges)がサステナブルな活動を行う新進デザイナーを讃える「Bright New Things」にノミネートされた。
 
 ファーストコレクションはカシヤマ ダイカンヤマ(Kashiyama Daikanyama)や梅田阪急百貨店、ルイーザヴィアローマ(Luisa Via Roma)、ル・ボン・マルシェ(Le Bon Marché)など100以上のインターナショナルリテーラーで7月から順次取り扱いを開始する。価格帯はトップスが2万円~5万5,000円、シューズが3万円〜6万円。


 

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - シューズリテールコレクション
新規登録