×
By
Reuters
掲載日
2020/03/13
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

伊ブルネロ クチネリ、新型コロナの影響で第1四半期は売上横ばいの予想

By
Reuters
掲載日
2020/03/13

 イタリアのブルネロ クチネリ(Brunello Cucinelli)は、2020年度第1四半期の売上高について、好調な滑り出しを新型コロナウイルスの影響が相殺するとして、前年比ほぼ横ばいという見通しを発表した。

Photo: Brunello Cucinelli


 ブルネロ・クチネリ会長は、中国での売上が今年1月から2月にかけて半減したともアナリストに明かしている。
 
 グループは現在同国で15店舗を展開しており、中国市場は売上構成比10%を占める。しかし、ピーク時には70%閉鎖していた店舗も、3月10日までに営業を再開し売上も回復してきているという。

 新型コロナウイルスは今やアジアの外でも拡大し続けており、現在イタリアでは中国に次ぐ規模の感染者が出ている状態だ。クチネリ会長はヨーロッパでの減速が始まっているとも話したが、アメリカ市場は持ちこたえているとした。通期に関しては楽観的な見通しを据え置いた。
 
 

© Thomson Reuters 2021 All rights reserved.