伊藤忠商事がフィンランドに合弁工場設立 サステナブルなファッション素材を開発

 伊藤忠商事が、フィンランドの森林業界大手 メッツァ・グループ(Metsa Group)と同グループの新会社Metsa Spring Oyとの共同出資により、天然の木質繊維であるセルロースファイバーを生産する試験工場を設立することに合意したと発表した。総投資額は約4,000万ユーロ(約50億円)。

パイロットプラントの併設を予定しているMetsa Fibreのアネコスキ工場 - Image: 伊藤忠商事

 メッツァ・グループは、フィンランドの森林業界におけるリーディングカンパニーとして、森林管理や原木供給、パルプ生産、ティッシュペーパーや木材製品の販売など幅広く事業を展開している。同グループの中核企業であるMetsa Fibre Oyは、年間約310万トンのパルプ生産能力を持つ世界最大級の針葉樹パルプメーカー。伊藤忠商事は、同社と1970年代に製紙用パルプの日本向け取引を開始して以来長年にわたり良好な関係を築いており、2012年には同社の株式を取得し、同社の持分法適用会社とするなど関係を強化してきた。
 
 ファッション業界における環境配慮型素材の取り扱い拡大に向けて取り組んでいる伊藤忠商事は、森林を基盤とする持続可能な生物経済と循環型社会の実現を目指して研究開発を進めているメッツァ・グループの協力要請により合意。同グループが独自製法で開発したセルロースファイバーを生産する試験工場をフィンランドにあるMetsa Fibre Oyのアネコスキ工場内に併設し、パルプ製造からファイバー製造までの一貫生産体制を確立することで、安定的かつ低コストでの原材料調達を実現するほか、同グループが開発した新特殊溶剤を使用し環境負荷を低減する。また、伊藤忠商事の有する繊維業界における川上から川下までのグローバルバリューチェーンの活用により、木材資源から繊維製品という広範囲にわたるトレーサビリティを実現し、原材料から製品までの一貫したブランディングが可能になる。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

テキスタイル産業
新規登録