作業服のワークマンが好調、高機能×低価格を実現した新業態が初出店

 作業服を展開しているワークマンが好調だ。近年では一般顧客向けにも本格参入しており、9月5日の明日に一般顧客向けには初出店となる新業態「Workman Plus ららぽーと立川立飛」をオープンする。オープンに先駆け、関係者向けの内覧会を開催した。

Workman Plus ららぽーと立川立飛Image: Fashionsnap.com

 ワークマンは、ワークウェアおよび作業用品のフランチャイズ小売店を全国に825店舗構えており、売上と純利益が8期連続で増収増益している。同社は2年前からアウトドアウェアの「FieldCore」、スポーツウェアの「Find-Out」、レインスーツの「Aegis」といった3つの自社ブランドを一般向けにECサイトなどで展開しており、ブランド設立後の売上は2017年3月期が30億円、2018年3月期が60億円にのぼる。スポーツやアウトドアシーンでの利用を目的に同社の商品を購入している顧客が増加していることから、機能性と低価格を兼ね備えた商品構成の新業態立ち上げに至ったという。
 
 1号店となるWorkman Plus ららぽーと立川立飛では、ホワイトカラーのファミリー層や平日にショッピングモールを訪れる女性客をターゲットに、「FieldCore」「Find-Out」「Aegis」の3ブランドからメンズ・ウィメンズアイテムを約300型ラインナップする。もともと作業服として製作されたアイテムは、バイクユーザーや釣り人を中心に拡散され、SNSやYouTubeなどインターネット上で評判の声が広まり一般顧客にも浸透。高い機能性を持ちながら低価格を実現している理由について、担当者は中国の工場と直接契約し大量生産を行っていることや、値下げおよびバーゲンを実施しない点を挙げている。3ブランドの立ち上げにより全体の約2割と増加した女性客向けに、主婦の間で人気を集める「厨房シューズ」の新色をはじめ、ウィメンズアイテムの商品ラインナップを増やしていくという。
 
 1号店オープンを皮切りに同社は、11月にららぽーと富士見をはじめ、数年内で有力ショッピングセンターを中心に新業態を100店舗出店する予定だ。1号店では年間売上1.2億円を目指し、より幅広い顧客層への知名度向上を図る。
 

■Workman Plus ららぽーと立川立飛
住所:東京都立川市泉町935-1 ららぽーと立川立飛3階

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨スポーツリテール
新規登録