×
By
fashionsnap
掲載日
2020/09/30
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

元そごう・西武 代表取締役会長の堀内幸夫氏が逝去、享年78

By
fashionsnap
掲載日
2020/09/30

 元そごう・西武の代表取締役会長の堀内幸夫氏が、9月13日に病気のため逝去した。享年78。

堀内幸夫氏(2009年撮影) Image by: そごう・西武


 堀内氏は1970年に西武百貨店に入社し、1992年に有楽町西武の取締役店長に就任。その後は西武百貨店の代表取締役専務取締役や代表取締役社長、セブン&アイ・ホールディングスの取締役などを歴任した。2007年にはそごうを立て直した和田繁明氏の後任として2007年5月17日にそごう・西武(当時はミレニアムリテイリング)の代表取締役会長に就任し、2016年4月まで同職を務めた。2016年5月から同社の顧問として活動していたが、2017年5月をもって退任した。

 告別式は近親者のみで行い、喪主は妻の堀内妙子氏が務めた。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.