円がドレスに Issey Miyakeが観客を沸かせたファッションショー

 「Issey Miyake(イッセイ ミヤケ)」が、パリで開催した2014-15年秋冬コレクションのランウェイショーで、新しい技術「リングプリーツ」のデモンストレーションを行った。デザイナー宮前義之は森が持つ雄大な造形美にインスパイアされ、「Rhythmatic Forest ― 森の鼓動 ―」をテーマに新しい流線形のフォルムを発表し、観客からは拍手や歓声が上がった。




 宮前義之は、生命のゆりかごである森をテーマに、高い樹木や力強く大地を覆う根、永い年月を刻む年輪の重なりなどをコレクションに落とし込んだ。冒頭は半円型のバッグを持ったモデルが登場し、床に置いた平面状のバッグから曲線折りの「リングプリーツ」を取り出して立体的なドレスに展開。それらをモデルが自ら着用して再びランウェイを歩くというデモンストレーションを繰り広げた。

 中盤は、秋の紅葉のイメージからジャガード織りやボンディング加工、積層プリントなど、様々なハイブリット素材のミックススタイルを提案。樹木の幹や枝、根などをイメージしたという終盤は、蒸気の熱で布を収縮させて服を形作る「Issey Miyake」オリジナルの製法スチームストレッチを更に進化させた「3D スチームストレッチ」を発表。高度なプログラム技術とジャガード織りを駆使し、タテ糸とヨコ糸の両方にストレッチ糸を使って360度全方位の伸縮性を併せ持つ素材で、 一枚の布から立体的な流線形フォルムを描き出した。音楽は、Open Reel Ensemble(オープンリールアンサンブル)のメンバー和田永がバネギターを、yanéka(ヤネカ)のメンバーChiyakoが ヴォーカルを担当。宮前義之は「生きる喜び」を布に宿したという。

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - アクセサリー・雑貨ファッションショー
新規登録