×
By
fashionsnap
掲載日
2017/05/29
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

初上陸となる「シャイノラ・デトロイト」、伊勢丹で限定ウオッチなど販売するイベント開催

By
fashionsnap
掲載日
2017/05/29

 米国のデザインブランド「シャイノラ・デトロイト(Shinola Detroit)」が、日本初上陸を記念した限定ウオッチを発売する。5月31日から6月6日までの期間、伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージでは「American Luxury, Defined by American Craftsmanship」と題した日本上陸を記念するイベントが開催される。

Shinola Detroit


 伊勢丹ではコインを文字盤に入れた「ブレーキマン ウオッチ」(税別18万円)と、ベースボールプレイヤーのジャッキー・ロビンソンにフィーチャーしたウオッチ「ジャッキー・ロビンソン」(税別22万5,000円)の2種を限定商品として販売。ジャッキー・ロビンソンの時計にはペナント、缶バッチ、ポストカードがセットになっており、全世界で442個しか製作されておらず、日本では22個限定で販売される。
 
 また、職人による現場で手作業によるレザーグッズ製作のデモンストレーションを実施。ジャーナルや一部のレザーグッズをエンボス加工で文字刻印するサービスを無料提供する他、Sns連動型プリンターサービス「ピックスポット(Picspot Printer)」が設置される。

 シャイノラ・デトロイト社代表のジャック・パニース(Jacques Panis)は伊勢丹の出店について「日本の顧客は美しく高品質な製品に対して鋭い審美眼を持ち、優れた職人技を高く評価して下さると認識しています」とコメント。ウオッチやレザーグッズ、ジャーナルの製造だけに留まらず、2018年秋には米国にホテルの開業も予定している。
 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.