前田征紀が手掛ける「コズミック ワンダー」が活動20周年、島根で展覧会を開催

 現代美術作家の前田征紀が主宰する「コズミック ワンダー(Cosmic Wonder)」が、活動20周年を記念した展覧会「Cosmic Wonder 充溢する光」を島根県立石見美術館で開催する。会期は11月11日から2018年1月8日まで。

Shadow Necessary for Windows / at Palais de Tokyo, Paris, France 2002

 コズミック ワンダーは1997年に設立し、「精神に作用する波動」をテーマに衣服や美術作品、書籍の発行など幅広いジャンルで表現活動を行っている。島根県立石見美術館では、昨年の夏に石見の自然と石州和紙をテーマにした展覧会「お水え いわのかみとみず」を開催した。
 
 「Cosmic Wonder 充溢する光」では、2000年から2009年にかけてパリで発表したコレクションの中から、「Shadow Necessary for Windows」や「magic village」といった代表的な作品をルックブックや写真などを通して紹介。初日の11月11日には、資生堂の企業文化誌「花椿」などを手掛ける編集者 林央子と前田征紀によるトークイベント「Cosmic Wonder 東西古今 | East meets West」の開催を予定している。

 
■特別展「Cosmic Wonder 充溢する光」
会期:2017年11月11日(土)〜2018年1月8日(月・祝)
会場:島根県立石見美術館 展示室B・C(島根県芸術文化センター「グラントワ」内)]
開館時間:10:00〜18:30(展示室への入場は18:00まで)
休館日:毎週火曜日、12月28日〜1月1日
*ただし1月2日は開館。
観覧料:一般 300円(240)円、大学生 200(160)円、小中高生 無料
 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアイベント
新規登録