動物実験を経た化粧品の販売を禁止 米カリフォルニア州で2020年から

 米国カルフォルニア州議会で現地時間9月28日、動物実験を経た化粧品の販売を禁止する法案が成立した。2020年1月1日から施行される。

 
 法案では、動物実験を経て製造された全ての化粧品の輸入または販売することを違法とする。規定を違反したら最大5,000ドルの初回罰金を課し、違反が続く場合は初日から1日ごとに1,000ドルの追加罰金を課す。2020年1月1日以前に製造された成分や化粧品に関しては同法案は適用されず、また施行開始から180日間は法案の規定に違反した化粧品の販売および提供を認可する予定。

 動物実験を経た化粧品の販売・輸入禁止の動きは、EUをはじめインドやイスラエルなど様々な国と地域で広がっている。同州では、化粧品製造のために州内で動物実験を行うことや実験用の施設を備えることを米国で初めて法律として2000年から禁止しており、今回の法案成立を機に2023年までに州内に限らず中国など外国政府による動物試験済みの化粧品の販売・輸入禁止を段階的に踏み出すことを目指すという。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

コスメ産業
新規登録