名鉄百貨店60周年 創業当時の"価格"とショッパーが復活

 名鉄百貨店が4月1日、「開店60周年記念祭」を開始した。2015年3月31日までの会期中、名古屋駅前初の百貨店として開店した当初のロゴマークと包装紙を復刻。オープニングを記念して15日までのおよそ2週間は、靴下が76円など当時の価格を再現した企画や「60」にちなんだセールを実施する。


 4月1日からスタートした「開店60周年記念祭」のオープニングフェアでは、410円の婦人スカーフや702円のハンドバッグなど、1954年の開店当時を彷彿とさせる価格帯の商品を日替わりで数量を限定し提供。他にも全館60(ロクマル)セールや名古屋の名物をあしらったオリジナル品の販売などを通して、全館でアニバーサリーを祝う。

 名鉄百貨店は60周年を機に新ストアコンセプトを設け、「ターミナルデパートの機能・環境充実」、「ホームエリアのお客様へのご奉仕」、「ライフスタイルへの新しい提案」の3つを順次実行していく。3月28日には「ターミナルデパートの機能・環境充実」として本館1階に地区最大規模の「スターバックス コーヒー」をオープンさせ、9月には「ライフスタイルへの新しい提案」として「Zara Home」を導入予定。約1年かけて改装に取り組んでいく。

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - シューズリテール
新規登録