×
By
fashionsnap
掲載日
2021/04/04
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

和光が6年ぶりに制服リニューアル 「エズミ」江角泰俊がデザイン

By
fashionsnap
掲載日
2021/04/04

 「エズミ(EZUMi)」のデザイナー江角泰俊が、和光の新制服のデザインを手掛けた。リニューアルは2015年4月以来、6年ぶり。ジャケット、シャツ、スカート、パンツ、ワンピース、マタニティの計6種を製作し、伊藤忠商事100%子会社のユニコがサプライヤーとして参画した。4月1日から着用が始まっている。



 新デザインは、伝統的なルネサンス手法に新しい建築方法を織り交ぜた「ネオ・ルネッサンス様式」の建築と時計塔が象徴的な本館からインスピレーションを受け、直線的なシルエットの中にコードパイピングを曲線で描くことで、建築にも見られる美しいカーブを表現した。また、「いつどのような時でもエレガントに見えること」という和光社員の要望を取り入れ、ジャケットはノーカラー仕様。襟のディテールやボタンの配置などでコンテンポラリーな雰囲気を演出しつつ、お辞儀をしたときにデコルテのラインが綺麗に見えるようデザインを工夫したという。動きやすさを重視し、素材にはストレッチ性があり、しわになりにくい生地を使用した。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.