売上高世界3位のジュエリーブランド「パンドラ」がリブランディング、ロゴも変更

 デンマーク発のジュエリーブランド「パンドラ(Pandora)」が今秋、リブランディングする。「Loves」をブランドコンセプトに新たに掲げ、ブランドロゴやブランドカラーも一新。リブランディングを記念し、新作ペンダント「Pandora O」を発表した。

Image: Pandora

 パンドラは、ジュエリーのカテゴリにおいて「カルティエ(Cartier)」「ティファニー(Tiffany & Co.)」に続き世界で売上高3位を誇るブランド。チャームのデザインが充実しており、ジュエリーを自分好みにカスタマイズできるスタイルが人気を集めている。
 
 今回のリブランディングにあたり「Loves」を新コンセプトに設定。趣味や人、場所など、ユーザーにとって様々な"好き"をジュエリーとして身につけることを提案する。ブランドロゴはより柔らかくモダンな印象のフォントに、ブランドカラーはホワイトから「ザ パンドラ ピンク」と名付けたピンク色へと変更。様々な個性を表現できる色としてのピンクの魅力に着目したという。また、デンマークの本社内にムービースタジオ「O Studio」を開設。若手女性アーティストとコラボレーションしキャンペーンヴィジュアル等の制作に取り組むという。
 
 ブランドのオンラインストアやインスタグラムなどSNSアカウントも8月末からリニューアル。国内のストアデザインは、来年中に新コンセプトのものへと順次変更していく。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - アクセサリー・雑貨コレクション
新規登録