×
562
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

婦人・子ども服/2月の既存店売上しまむら、TSI、西松屋減

掲載日
today 2019/03/14
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 婦人・子ども服6社の2月度の営業概況によると、既存店売上は、ファッションセンターしまむら3.0%減、TSIHD1.7%減、西松屋チェーン1.7%減と3社が前年同月を下回った。
 
 一方、ワールド1.0%増、アダストリア14.8%増、ハニーズ21.3%増と前年実績を上回った。

しまむら店舗イメージ



■しまむら(2018年2月期:売上高5651億円)
既存店売上(ファッションセンターしまむらのみ)3.0%減、客数1.6%減、客単価1.3%減。
 
全店売上0.3%減。2月末現在店舗数1428店。

2月度は、スカートやワンピース、ショート丈のニットカーディガンなどのトレンドアイテムが好調だった。
 
一方、昨年に比べて営業日と休日が1日ずつ少なかったことで、売上は前年実績を下回った。
 
2018年度の売上高は、しまむら(国内合計)で前年同期比3.3%減となり、また、シャンブルが0.8%増となった。
 

■ワールド(2019年3月期:売上高2490億円見込み)
店舗既存店売上1.0%増、Eコマース28.4%増。
 
国内全店売上0.2%増、国内小売売上計3.2%増。
 
2月末店舗数は、出店5、退店8店で2371店。
 
2月上旬は気温が北日本中心に低下したことから、冬物最終セールが順調に推移した。
 
また、中旬以降は気温が全般的に高めに推移したほか、降雪も例年より少なく、ワンピースやパンツの中衣料をはじめとして、ジャケットやシャツといった春物商品が順調に売上を伸ばした。
 
売上は百貨店やSCなどチャネルを問わずに順調に推移したが、とりわけ、ブランド別ではAGバイアクアガール、デッサン、インディヴィ、アダバットが大きく貢献した。
 

■アダストリア(2018年2月期:2227億円)
既存店売上14.8%増、客数8.6%増、客単価5.7%増。
 
全店売13.5%増、客数7.5%増、客単価5.5%増。
 
出店1、退店14で、2月度末の店舗数は1262店。
 

■TSIホールディングス(2018年2月期:売上高1554億円)
既存店小売1.7%減、オンラインショップ22.1%増、計4.7%増
全店小売7.0%増、オンラインショップ26.1%増、計11.9%増
 

■西松屋チェーン(20日締、2018年2月期:売上高1373億円)
既存店売上高1.7%減、客数1.7%増、客単価3.3%減。
 
全店売上3.2%増、客数7.5%増、客単価4.1%減。
 
出退店0で、2月度末の店舗数は1004店舗。
 
2月は、冬物クリアランスセールを実施したことで来店客数が伸び、子供衣料の売上高が好調に推移した。
 

■ハニーズ(2017年5月期:545億円)
既存店売上高21.3%増、客数23.3%増、客単価1.6%減。
 
直営店売上高21.8%増、客数23.7%増、客単価1.6%減。
 
出店2、退店6、2月末店舗数864店。



Copyright © 2019 All rights reserved.

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com