×
131
求人
NIKE
j30 Project Management Office Manager
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Team Sales Manager
正社員 · Tokyo
PUMA
HR Business Partnering
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Controlling Specialist, Financial Accounting Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
By
Reuters
掲載日
2019/05/27
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

対中関税、米企業多数が業績への影響を懸念

By
Reuters
掲載日
2019/05/27

 米トランプ大統領による対中関税の引き上げにともない、多くの米国企業が決算に対する影響への懸念を表明している。
 
 5月10日には、中国からの輸入品2000億ドル(約21兆9000億円)相当への関税が10%から25%に引き上げられた。

Ralph Lauren - Fall-Winter2019 - Womenswear - New York - © PixelFormula


 さらに、トランプ政権は3000億ドル(約32兆8500億円)相当の追加関税措置も計画しており、中国からアメリカへ輸入される全製品が対象となる。
 
 「第4弾の対中制裁が発動されれば、我々が扱っているプライベートブランドにも国内ブランドにもさらに大きな影響があると考えている」と米大手百貨店チェーンJ.C.ペニー(J.C.Penny)のジル・サルトー(Jil Saltau)CEO。

 一方、同じく米百貨店のコールズ(Kohl’s Corp)は、中国で生産しているインテリアや雑貨カテゴリの商品は打撃を受けるが、アパレルとフットウェアへの影響はそこまで多大なものではないと話している。
 
 ウォルマート(Walmart)のブレット・ビッグス(Brett Biggs)CFOは、先週ロイター通信のインタビューで、「関税が引き上げられれば消費者がより高い金額を払うことになる」と述べていた。
 
 「5月10日に発動された第3弾の制裁で税率が10%から25%へと引き上げられ、特に我々の家具事業に大きな影響を与えた。しかし、この影響は緩和されるであろうと予測している」としたのは、メイシーズ(Macy’s)のジェフリー・ジェネット(Jeffrey Gennette)CEOだ。
 
 「まだ我々の考えを述べる段階ではない。値上げの可能性や、どの商品カテゴリが特に影響を受けるかといったことは現時点では判断できない」と同氏。
 
 また、「ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)」のようなラグジュアリーブランドも業績に一定の影響が出ると見込んでおり、それに備えてリスクを拡散する対策をすでに講じたという。
 
 同社のジェーン・ニールセン(Jane Nielsen)CFOは、「関税が我が社の事業に一定の影響をもたらす可能性があるが、すでにチームは様々なシナリオに備えており、サプライチェーンの分散を加速することで長期的な影響を緩和すべく対策を講じている」と先週の決算報告で語った。
 

(2019年5月27日現在、1米ドル=110円で換算)

© Thomson Reuters 2021 All rights reserved.