×

小松マテーレが2週間の事業停止を発表、新型コロナに社員3人が感染

By
fashionsnap
掲載日
2020/03/02
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 合繊生地メーカーの小松マテーレの社員3人が新型コロナウィルスに感染したことに伴い、同社は3月2日から15日まで事業を全面停止すると発表した。

小松マテーレ 公式サイトより


 感染した社員は3人とも、パリで開催された見本市のために2月10日から15日まで海外渡航していた。帰国後に体調不良を訴え、専門検査機関で検査をした結果、感染症患者2人については2月24日と27日に発症が判明。3人目の感染者については28日に陽性が確認された。石川県は3人が新型コロナウイルスに感染したことをそれぞれ同日中に発表している。3人は現在、石川県の指定病院に入院中だという。

 小松マテーレは1人目の感染が判明した後、石川県南加賀保健福祉センターの指示に従い感染者の行動ルートを中心に、石川県の本社に加えて東京営業所および大阪営業所の作業エリアの消毒作業を実施したほか、構内一斉放送で全社員に注意喚起。また、感染に関わる正確な知識と情報について説明し、感染者については重篤ではないものの帰国後からの発症であることから、日本国内での新型コロナウイルスの二次感染の可能性は低い旨を説明したという。このほか、人混みを避けるための措置として時差出勤を導入し、感染者の濃厚接触者へは在宅勤務を命じた。

 社内では社内外への感染被害の拡大を防ぐため、生産および営業活動を全面的に停止。ウイルスの潜伏期間である2週間は自宅待機を原則とし、緊急時対応を除いて施設への立ち入りも控え、テレワークで社内情報の共有を図ることで可能な限り業務への対処に努める。また、停止期間中はグループ全社員の体温チェックなどの体調管理を徹底し、健康管理状態を記録するという。

 なお、一連の緊急対策により業績へのマイナス影響を見込んでいる。停止期間後は、業務再開の時点で体調に問題の無いことを確認の上、出社を認める。
 

Copyright © 2020 Fashionsnap. All rights reserved.