×
掲載日
2015/10/26
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

小松精練×日興テキスタイルが新感覚ウール風素材販売 海外展示会でも高評価

掲載日
2015/10/26

 小松精練株と日興テキスタイルが共同で開発した新感覚のウール調合繊素材を、「カール・カール ケーエス(Karl Karl-KS TM)」のブランド名で本格的に販売開始する。エアリーな質感が特徴のテキスタイルは、展示会でも高い評価を得たという。2016-17年秋冬シーズンに向けて、世界的に展開していく。

新感覚のウール調合繊素材「カール・カール ケーエス」


 日興テキスタイルが開発したエアリー特殊素材「カール・カール(Karl Karl®)」と、小松精練の高度な加工技術を組み合わせることによって誕生した「カール・カール ケーエス」は、ポリエステル原料を使用していながら、まるでウールのような温かみのあるボリューム感と柔らかい風合いを持つ。

 糸の構造を大きく膨らませる特殊な紡績技術により、軽量でありながら暖かいという機能を実現。また、合成繊維を使用したことで、家庭洗濯可能や防シワといった面でも扱いやすい素材に仕上がった。プリーツや撥水など後加工の幅も広く、ファッション性の高いアイテムからスポーツウェアまで様々な用途が想定される。

 パリでの個展や同市で開催された世界最大の素材展示会「プルミエール・ヴィジョン(Première Vision)」で覆面出展したプロトタイプは、世界のトップメゾンやアウトドアブランドからの大型契約を取り付けるなど、非常に高い評価を得たという。
 
 なお、テキスタイルの販売だけでなく、今後は島精機製作所の最新ホールガーメント設備を利用した最終製品の販売も図っていく。

 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com