×
By
fashionsnap
掲載日
2020/01/09
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

干支アイテムや旧正月に向けたコレクションが続々登場、子年コラボはトム&ジェリーやミッキーなど

By
fashionsnap
掲載日
2020/01/09

 2020年を迎え、干支アイテムや中国の旧暦で新年にあたる春節を祝う限定コレクションが続々と登場している。

 干支をモチーフにしたアイテムは毎年多くのファッションブランドが発表しているが、今年は子年と誕生80周年が重なった「トムとジェリー」とのコラボレーションが目立った。「エトロ(Etro)」や「ケイト・スペード ニューヨーク(Kate Spade New York)」「ベルシュカ(Bershka)」をはじめとするファッションブランドから、「リーボック(Reebok)」「エチュードハウス(Etude House)」といったスポーツやビューティーブランドまで、様々なコラボアイテムが展開されている。

「エチュードハウス」から発売されたアイテム - Image by: TOM AND JERRY and all related characters and elements (C) & ™ Turner Entertainment Co. WB SHIELD:TM & (C) WBEI (s20) Licensee:Etude Corporation -


 多数のコラボレーションを展開しているディズニーの「ミッキーマウス」は、「グッチ(Gucci)」とのカプセルコレクションを発表。ミッキーがあしらわれたウェアやバッグなどのアイテムは、幅広く人気を集めそうだ。

 春節を見据えたニューイヤーコレクションの展開は、ラグジュアリーブランドを含めて増加傾向にある。春節は主に東南アジアの諸国で祝われ、特に中国経済にとってはその年の景気を占う大事な商戦期でもあり、中国商務省の発表によると昨年の期間中の売上高は小売・飲食を合わせ約16兆4,000億円にのぼったという。各ブランドから登場するアイテムは干支をモチーフにしたものや縁起が良いとされる「赤」を使用したものが多く、今年も1月24日から始まる連休期間をピークに春節に向けたコレクションが店頭を彩りそうだ。
 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.