×
581
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

平子理沙がスキンケアブランド「ビューリン アール」のプロデューサーを退任

掲載日
today 2019/10/01
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 モデルやタレントとして活動する平子理沙が、スキンケアブランド「ビューリン アール(Beaulin R)」のプロデューサーを退任したと自身のインスタグラムアカウントで発表した。

ビューリン アール現在の公式サイトより


 ビューリン アールは、平子のプロデュースによるブランドとして昨年7月にデビュー。「限りなくオーガニックに近く、エイジングケア効果が高い」ことを掲げ、高性能なスキンケア商品を展開している。

 平子の投稿によると、プロデューサー職の退任は契約上折り合いがつかなかったことを理由に挙げている。パッケージデザインはすでにリニューアルされている。平子は「何とかうまくやっていけないかと努力しましたが、話し合いも平行線で、(所属事務所とは関係なく)私個人対企業だったので自分では手に負えなくなり、去年の11月から弁護士さんにお願いして、ようやく区切りができたので皆様に発表できることとなりました」と発表が遅れたことを釈明。最後に「このようなことになってしまい非常に残念ですが、この経験を糧にしつつ、気持ちを切り替えて頑張っていきますので今後ともよろしくお願いいたします」と前向きなコメントで締めくくっている。

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.