×
By
fashionsnap
掲載日
2014/12/19
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

廃墟と呼ばれたピエリ守山が好スタート 初日に4万3千人来館

By
fashionsnap
掲載日
2014/12/19

 リニューアルオープンした商業施設「ピエリ守山」が、好スタートを切った。イオンモール草津の開業などを機に店舗の撤退が加速し「生ける廃墟モール」や「明るい廃墟」と呼ばれていたが、「エイチ&エム(H&M)」や「ザラ(Zara)」、「ストラディバリウス(Stradivarius)」など人気テナントを集積した施設にリニューアル。オープン初日の17日は約4万3千人が来館し、開店前から行列ができるなど賑わいを見せた。


 リニューアルでは、エイチ&エムや「ベルシュカ(Bershka)」、「オールド ネイビー(Old Navy)」など滋賀県初出店を含む外資系ファストファッションの大型店舗を中心に、国内外のアパレル、雑貨店舗、書店、食品スーパーなどが出店。幅広いジャンルの店舗を集積し、ワンストップショッピングを可能にしたという。人工芝のフットサルコート3面が整備されたフットサルコートや約8,381平方メートルの敷地にコースを建設したアスレチック施設などアウトドアライフをコンセプトにした体験付帯施設を併設し、リゾートの雰囲気の中、ショッピングを楽しめる新しいコンセプトの商業施設を目指すという。

 オープン当日は、悪天候を理由にオープニングセレモニーの会場が変更となり、一般参加ができなくなるなどトラブルにも見舞われたが、リニューアルオープンイメージキャラクターに起用された元AKB48光宗薫や公式キャラクターの「ナズマ船長」と脱・廃キャラ活動中だという「アユちゃん」の来場により盛り上がりをみせた。ネットでは「明るい廃墟「ピエリ守山」が完全復活を遂げた...!!」や「もう廃墟とは呼ばせない...「ピエリ守山」がリニューアルオープン!まさかの行列で大盛況」など様々なまとめサイトで記事が掲載され注目を集めており、Twitterでも同様に「ピエリ守山の復活嬉しいな」という肯定的な意見がある一方「これを持続させるのが大事だよ。最初と最後だけ騒ぐのは日本の基本だから」と盛り上がりに対して慎重なコメントも投稿されている。同施設では、今後もXmasフェイスペイントなど様々な催しを行っていく予定で、初年度の目標に掲げる1,100万人の動員を目指す。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.