×
565
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

強さと可憐さを併せ持つ"愛の戦士"たちを表現、「ノントーキョー」東コレ初参加でランウェイショー披露

By
fashionsnap
掲載日
today 2019/10/15
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 デザイナー市毛綾乃のウィメンズブランド「ノントーキョー(Non Tokyo)」が、ブランド初のランウェイショーを「Rakuten Fashion Week Tokyo 2020 S/S」のプログラム内で開催した。新作のテーマは「Soldier of Love」。「美少女戦士セーラームーン」のテーマソング「ムーンライト伝説」をサンプリングしたBGMなどで、市毛が幼少期に憧れを抱いた"愛の戦士"たちを表現した。

「ノントーキョー」2020年春夏コレクションのショーより -Image by: Fashionsnap.com


 今回のショーは、パルコ(Parco)が若手デザイナーの発掘と支援を目的に始動した新インキュベーションプロジェクト「ネクストエイジパルコ(Next Age Parco)」の一環で、ノントーキョーが東京ファッションウィークに参加するのは今回が初めて。市毛はショー開催の理由について、「もっと東京のファッションシーンを内側から盛り上げたいと思い、照明や音楽、会場全体を使ったショーというエンターテインメントの形式で発表した」と説明した。

 コレクションのインスピレーション源は、「美少女戦士セーラームーン」や「プリキュア」といったヒーローたち。ブランドが得意とするプリーツやフリル、ビジューなどの要素を用いながら、カモフラージュ柄に花柄を重ねたり、ツインテールのヘアスタイルのモデルにストリートウェアのようなオーバーサイズのトップスを着用させるなどで、強さと可憐さを融合した。

 このほか、ユーズドのスニーカーとヒールをドッキングしたショーピースのシューズや、サテン生地が艶めくビジュー付きのロンググローブ、ピンクやブルーといった鮮やかなボディーに繊細な刺繍を施したブーツ、ラメ糸を織り込んだピアスが華を添えた。また今シーズンは、リサイクル素材を使ったトレンチコートなどが登場し、ブランドの定番である複数の着方ができるウェアとともに、よりサステナブルを意識したコレクションに仕上げたという。

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.