×
By
fashionsnap
掲載日
2020/02/28
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

心拍計とGPS機能付きの「Gショック」発売、専用アプリで消費カロリーの管理も可能

By
fashionsnap
掲載日
2020/02/28

  カシオ計算機の耐衝撃ウォッチ「Gショック(G-Shock)」から、心拍計とGPS機能を搭載した「GBD-H1000」が4月24日に発売される。価格は税別5万5,000円。

「GBD-H1000」ブラック×ホワイト - Image: カシオ計算機


 GBD-H1000は、血管の血流量の変化を感知して心拍数を測定できる光学式センサーや位置情報を取得するGPS機能のほか、方位、気圧、高度、温度を計測できるセンサー、歩数や移動距離の測定が可能な加速度センサーなどの機能を搭載。専用のアプリケーションを連動させると、各種センサーの計測データを解析でき、心肺機能の指標を確認することができる。また、アプリでは消費カロリーや移動軌跡といったデータ履歴の管理も可能だという。

 液晶は高精細かつ高コントラストで視認性が高いMIP液晶を採用。ベゼルを運動中でも操作しやすい形状に仕上げ、時刻やカレンダーのセットボタンには滑り止めを施し、大きめにデザインした。バックカバーは手の甲への干渉を抑えるためカーブさせ、バンドにはソフトウレタン素材を使うことでフィット性を向上。耐衝撃構造を採用し、20気圧防水の機能も備えたほか、USBでの充電が可能で、バイブレーションによる着信通知機能などで利便性を高めた。カラーはブラック、レッド、ブラック×レッド、ブラック×ホワイトの4色をラインナップする。
 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.