×
565
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

性差をまたぐ提案増 KBFが男性も着られるウィメンズウェア発表

By
fashionsnap
掲載日
today 2016/03/20
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 アーバンリサーチが手がける「KBF(ケービーエフ)」が3月19日、渋谷のみやしたこうえんで2016-17年秋冬コレクションのランウェイショーを開催した。初めて男性モデルを起用し、ユニセックスで着ることができるオーバーサイズのウィメンズウェアを発表。今シーズンはジェンダーの垣根を超えたウェアの提案が目立っている。


 「KBF」は雨上がりのみやしたこうえんで屋外ランウェイを設置し、シーズンテーマ「FOG」を濃い霧で演出。ベージュやピンク、水色など淡いニュアンスカラーをメインにゆったりとしたオーバーサイズのシルエットを提案した。男性モデルも女性モデルと同様に淡い色合いのサロペットやセットアップをメインにコーディネートした。  ファッションウィーク「Mercedes-Benz Fashion Week Tokyo 2016 A/W」最終日の19日は、メンズブランドの「ネーム(Name.)」や「エトセンス(Ethosens)」が、男性だけではなく女性モデルを起用して女性が着るメンズウェアを提案している。ロング丈やオーバーサイズのトレンドも相まって、性別を限定することなく着用層を広げる試みが今シーズンの主流になりそうだ。

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.