文化服装学院生らが手掛ける"ネオヤンキー"な新ブランドがデビュー、キャンプファイヤーで先行販売

 文化服装学院の学生やクリエイターなどによる新ブランド「シックスピリオド(Sixperiod.)」がデビューした。ファーストコレクションとなる2019年春夏シーズンのアイテムを、2月13日までクラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー(Campfire)」で先行販売しており、3月1日から公式オンラインストアで取り扱う。

メインヴィジュアル -Image by: シックスピリオド

 シックスピリオドは、文化服装学院に在学中の櫻木彩津那が主宰し、2018年12月に立ち上がった。常識にとらわれない若者のパワーにインスピレーションを得た「ネオヤンキー」をキーワードとし、デザインやルックの製作にはモデルの石丸乃晏や永井樹里のほか、ヘアサロン「トニ-アンドガイ(Toni&Guy)」のヘアスタイリスト小野瑞季などが参加している。

 ファーストコレクションでは、ブランドロゴを配した長袖のトレーナーやフーディー、Tシャツ、羽織りなどを製作。クラウドファンディングでは様々なリターンを用意しており、ステッカーやコレクションのルックなどのセット(3,000円)、トレーナーやステッカーなどのセット(8,500円)、櫻木を講演に呼ぶことができるコース(5万円)などから選ぶことができる。

クラウドファンディングページ

■シックスピリオド:公式サイト
 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - シューズデザインコレクション
新規登録