×
137
求人
NIKE
Japan - Assistant General Counsel - Privacy & Security
正社員 · Tokyo
PUMA
Cpg Sales Executive
正社員 · Tokyo
NIKE
j30 Operations Technology Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Brand Marketing For Effectim
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Commercial Finance Director
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associated Brand Manager, Brand Development Asia g, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
NIKE
j30 Project Management Office Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
By
fashionsnap
掲載日
2020/09/08
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

新型コロナでメーキャップ化粧品の購入頻度が減少傾向に、アイスタイルがアンケート結果発表

By
fashionsnap
掲載日
2020/09/08

 コスメ・美容の総合サイト「アットコスメ(@cosme)」を運営するアイスタイルの調査によると、新型コロナウイルスの感染拡大以降、メーキャップ化粧品の購入頻度が減少傾向にあることがわかった。

@cosme調べ - Image: アイスタイル


 アンケートは、@cosmeのプロデュースメンバーの15〜59歳の女性1655人を対象に実施。新型コロナウイルスの感染拡大以降、外出自粛やマスクの着用によってリップメイクを控えたり、マスクによるメイク崩れを気にしてベースメイクが薄くなる傾向が強まっていることから、化粧品を購入する頻度についての質問ではメーキャップ化粧品において「減った」「とても減った」という回答が50.6%を占め、半数を超えた。一方で、スキンケア化粧品の購入頻度は32%が「増えた」「とても増えた」、56.9%が「変わらない」と回答した。

 感染拡大防止の観点から、百貨店や商業施設の化粧品売り場でタッチアップを自粛するブランドが多いことも購入機会の減少につながっていると見られる。富士経済が7月に発表した調査によれば、2020年の化粧品国内市場は前年比1割減の4兆452億円を見込んでおり、店舗販売・無店舗販売ともに市場縮小を予想している。

Copyright © 2022 Fashionsnap. All rights reserved.