×

新型コロナウイルス:「マックスマーラ」、サンクトペテルブルクでのクルーズショー中止

掲載日
2020/03/11
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 イタリアの「マックスマーラ(Max Mara)」が、5月25日にロシア・サンクトペテルブルクで開催する予定だったクルーズショーの中止を発表した。

Max Mara - Cruise Collection2020 - Womenswear - Berlin - DR


 現在イタリアでは全土に渡って移動制限が設けられているが、あくまでも予防的措置としての中止だという。
 
 「マックスマーラ」の他にも、アメリカを選んだ「グッチ(Gucci)」と「ヴェルサーチェ(Versace)」、日本で予定していた「プラダ(Prada)」、そしてドバイの「ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)」といったイタリアのメゾンがクルーズショーを見送っている。

 一方で、現段階ではフランスのブランドはショーを決行する予定で、「ディオール(Dior)」はレッチェ、「シャネル(Chanel)」はカプリ島でのランウェイを計画している。また、イタリア発の「アルベルタ・フェレッティ(Alberta Ferretti)」によるレミニでのショーに関しても、今のところ中止や延期という発表は出ていない。
 
 様々な国でプレスプリング(クルーズ)コレクションを発表する大手メゾンが増えており、SNSでの話題性やクリエイティブなイメージづくりに貢献している。「マックスマーラ」が昨年ベルリンで行ったショーも高い評価を得た。
 

 


 
 

不許複製・禁無断転載
© 2020 FashionNetwork.com