×
By
fashionsnap
掲載日
2016/12/20
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

日本からは約20ブランドが出展、アジア最大規模のファッションフェアが1月に開催

By
fashionsnap
掲載日
2016/12/20

 香港貿易発展局(Hong Kong Trade Development Council、以下HKTDC)が主催するアジア最大規模のファッションフェア「香港ファッション・ウィーク秋/冬(HKTDC Hong Kong Fashion Week Fall/Winter)」が2017年1月16日から19日までの4日間に渡って開催される。

昨年の香港ファッション・ウィーク秋/冬 - HKTDC


 今回で48回目を迎えるフェアにはアジアを中心に世界中から1,500の出展者が参加し、服をはじめレザーグッズなどのファッションアクセサリー、ファブリックなどを展示。前回の開催期間中には約1万8,000人のバイヤーが来場し商談が行われたほか、テイラー・スウィフトの初の公式アパレルラインが披露されたことでも注目を集めた。会場は20を超えるテーマに区分けされ、今回から中国国内でも需要が伸び急成長を遂げているスポーツウエアと、カジュアルウエアのカテゴリーが追加されている。

 日本からは2016年度Tokyo新人デザイナーファッション大賞のプロ部門で入賞した樋口公博が手がける「ヘルマフ アンド ロディタス(Helmaph & Roditus)」など13組の初参加を含む、革製品やバッグ、アクセサリー、ウィメンズファッションなど21のブランドが出展。フェア期間中はファッションショーや地元の若手デザイナーの作品が披露されるショーケースのほか、企業によるトレンド予測や業界の専門家による最新のトレンドやマーケット情報についてのセミナーなども行われる。


■第48回 香港ファッション・ウィーク秋/冬(HKTDC Hong Kong Fashion Week Fall/Winter)
会場:香港コンベンション&エキシビション・センター
期間:2017年1月16日〜1月19日
 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.