日本初、ナイキ SBのスケートパーク「Nike SB dojo」が天王洲アイルにオープン

  ナイキジャパンは4月6日、「ナイキ(Nike)」のスケートボードライン「ナイキ SB(Nike SB)」の日本初となるスケートパーク「Nike SB Dojo」を天王洲アイルにオープンする。

ロゴ - Image: ナイキジャパン

 Nike SB Dojoは天王洲アイル駅から徒歩5分の立地で、総面積は約635平方メートル。ランプや階段、レールなどのスケートセクションを屋内に完備し、スケートボーダー同士が交流できるラウンジスペースも設けられる。Nike Sports Finderに登録しているナイキメンバーは、専用のQRコードをかざすと無料で施設の利用が可能。今後は音楽やアートなど様々なカルチャーに関連したイベントの開催を予定している。
 
 スケートボードは2020年の東京オリンピックで初めて正式種目に採用され、盛り上がりを見せている。ナイキジャパンVP兼ゼネラルマネージャーの小林哲二氏は、「東京の皆様にスケートボーディングを楽しんでもらえる環境を作ることができ光栄です。スケートボーディングがよりいっそう身近なスポーツとなることを楽しみにしています」とコメント。Nike SB Dojoの利用登録受付は4月2日の今日からNike Sports Finderを通じて開始している。
 

■Nike SB Dojo
オープン日:2019年4月6日(土)
営業時間:平日 15:00〜22:00
週末・祝休日:12:00〜22:00
入場:無料
入場年齢:5才以上利用可能
住所:東京都品川区東品川2-1-1 E号棟
総面積:634.85平方メートル(ラウンジスペースを含む)

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

スポーツリテール
新規登録