×
By
fashionsnap
掲載日
2017/06/28
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

星あや、欧米トレンドと日本のテクノロジーを融合させたシューズブランド立ち上げ

By
fashionsnap
掲載日
2017/06/28

 プラチナムプロダクション所属の星あやが、シューズブランド「イエロー(Yello)」を立ち上げた。「絶対美脚シルエット」と「日本の優れたテクノロジーによる上質な履き心地」の2つを"絶対ルール"として展開。6月30日から7月1日まで一般も参加可能な展示会を開催し、デビューコレクションを初披露する。

ビジュアル 画像:Yello 


 ファーストコレクションのビジュアルにはディレクターの星あやに加え、モデルの栗原ジャスティーンや関根なつみ、ラッパーのMaria、アーティストのRubyの5人をモデルとして起用。それぞれのルーツや体型の異なるモデルをキャスティングすることで「みんな違ってみんな美しい」の精神を表現しており、スレンダー、フィット、カービーと、どのタイプの女性にも選ばれるシューズブランドを目指す。価格帯は2万円〜3万円を想定している。
 
 星あやは「流行が目まぐるしく変わり、手に入らないものがないはずの世界的ファッション都市の東京で、ヒールシューズだけはグローバルなトレンドから取り残されていて、選択肢の少なさに違和感を感じていた。リサーチを行なった結果、自分の『あったらいいのに』は皆の『あったらいいのに』なのだと確信し、シューズブランドを立ち上げることにした」とコメント。また「Yelloのシューズのスタイリング提案は単純明快。誰もが持っているシンプルなTシャツやパーカに合わせれば、それだけで極上スタイルの完成」とし、長時間歩いても疲れにくい「履きごごちの良さ」をブランドの特徴の1つに掲げている。


■展示会
期間:2017年6月30日〜7月1日 13:00〜21:00
場所:Studio Cult Club
住所:東京都渋谷区代々木5-67-1
 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.