月刊誌「GG」の岸田一郎編集長が退任、新規事業の責任者に

 GGメディアが刊行している雑誌「ジジ(GG)」の生みの親である岸田一郎氏が、9月22日発売の11月号をもって編集長を退任した。岸田氏の右腕として同誌に貢献してきた荻山尚氏が12月号から新編集長を務める。

「ジジ」編集長を退任した岸田一郎氏 - Image: GGメディア株式会社

 2017年に創刊したジジは50〜60代の富裕層の元気な男性を指す「Golden Generations」に向けて、人生をアグレッシブに謳歌するライフスタイルを発信。ファッションや旅行以外に、高級医療、フィットネス、時計、不動産、相続・遺産、IR・カジノ、孫へのギフト、介護といった世代特有のトピックを取り上げている。
 
 同誌ではこれまで50歳以上を「シニア層」としてきたが、最近ではその位置付けが変化したことを受け、編集長交代を機にマイナーチェンジを図るという。岸田氏は退任後もジジに携わり、イベントやECサイト運営など新規事業の責任者としてバックアップしていく。
 
 新編集長の萩山尚氏は青山学院大学を卒業後、商社での勤務を経て、雑誌編集者に転身。「センス(Sense)」や「レオン(Leon)」をはじめとする数々の男性ファッション誌のエディターを歴任した。ジジでは創刊時からファッションディレクターとして参加し、副編集長を経て10月24日発売の12月号から編集長に就任する。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - その他ラグジュアリー - その他ライフスタイル - その他メディア人事
新規登録