×
By
Reuters
掲載日
2010/08/10
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

李嘉誠イギリスでのビジネスに参入

By
Reuters
掲載日
2010/08/10

Li Ka-shing(李嘉誠)、 彼の名前は彼が帰化した国、香港では努力のビジネスマンとしてすでに知らない人はいないが、英国で最もパワフルな格子オペレーターの91億円での買収申し出からその名前は英国では脅威の男として知られるようになった。



Li Ka-shing

82歳という年齢にもかかわらず、フォーブス誌によると財産210億ドルを誇るアジア全域で最も富裕な人物であり、香港で最も堂々としたスポークスマンでもある。

彼は自身のかいしぇであるCheung Kong Infrastructure (1038.HK) とHong Kong Electric (0006.HK)から共同出資してフランスのEDF (EDF.PA)が売り出したイギリスの高張力電力ケーブルのシステムを購入した。

李嘉誠は明瞭な語り口、貧しい生い立ちと惜しみない人道主義精神で知られている。しかし最もよく知られているのは、彼を世界で14番目に最も裕福な男(フォーブス誌調べ)になし上げたその無意味なことを決して行わずそして常に勤勉でエネルギーあふれるビジネススタイルによってである。

「彼は寄付に関してはとても寛大だが、彼の資産で誰かに金儲けさせるようなことは決してしない。」と、ある証券会社の幹部は他の多くの人物と同じように匿名でという条件でインタビューに答えた。

「彼は勝つことに並々ならぬ執着心を持っている。ビジネスに関しては慈悲の心なんてないさ。絶対にあきらめたり途中で投げ出したりしたいんだ。」

彼は高校中退という経歴にもかかわらず、その交渉の武勇差で知られている彼だが李嘉誠は香港ドリームスタイルを体現した。中国の広東省潮州市にあった故郷を日本軍によって追いやられた彼の一家は当時イギリスの植民地であった香港にたどり着き、プラスチック造花のビジネスを立ち上げ54カ国に24万人の従業員を抱えるグローバル企業に成長させた。

彼の所有するHutchison Whampoa Ltd. (0013.HK) とCheung Kong (0001.HK)は世界最大のコンテナ港オペレーター、健康・美容製品のリテーター、カナダで4番目に大きい石油会社Husky Energy (HSE.TO)などを所有する香港だけでなく世界に影響力を持つ重要企業となっている。

「彼は香港の独占市場と少数独占市場の利益を上手く引き出し、それを海外市場向けに活用して成功した。」香港に所在地を置き、shareholder activist として活動するDavid Webbは李嘉誠についてこう語っている。
「彼は小売店や港などを経営してくれる有能なビジネスマンを雇いたいと思っている。彼は他の香港のビジネスマンとは違いもっとグローバルなことを考えているんだ。」

経済アナリストは李嘉誠の成功は他人が目をつけないようなバーゲン品を目ざとく見つけ、次に何が起こるのかするどく予測する類まれなる能力によると指摘している。年二回開催される長江実業(集団)有限公司(Cheung Kong (Holdings) Limited)のプレスコンフェレンスでは記者が何かヒントを得ようと最新のストックマーケットトレンドや不動産情報に関する質問を嵐のように浴びせる姿が見受けられる。

「彼は香港ビジネス界のミダスだ。」とFulbright Securitiesの総支配人Francis Lunは例えている。
「香港」と「李一家の街」という二つの言葉をかけてLi Ka-shingという流行語まで生まれた。

李嘉誠のビジネスは香港の日常生活全ての領域に及んでおり、香港に生活する誰もが彼のビジネスに寄与することを必然的に強いられるような状況になっている。

Hongkong Electricは香港に2つしかない電力源の1つであり、Cheung Kongは香港最大の住宅建設会社、ParknShopは最大のスーパーマーケットチェーンであり、その他携帯会社も所有している。

グループに所属する8つの会社が主な資産源であり、グループの資本総額は6010香港ドル(約6兆10億円)で香港株式市場の約3.5パーセントを占めている。

辰年生まれの李嘉誠は、1940年に家族に連れられ香港に移住。22歳でプラスチック造花製造会社Cheung Kong(長江実業有限公司)を設立。長江の名前は中国への思いを表している。1950年代には不動産業界に乗り出す。

1979年にはHutchison Whampoaの株式22パーセントを購入し中国人で始めて商社の経営に携わるようになる。

眼鏡をかけた李嘉誠はアジアで最も裕福な人物だが、とても質素な私生活を送ることでも知られている。長持ちするからという理由で未だにプラスチック底の靴を履いている。また人道主義の精神でも有名だ。1990年に妻に先立たれからは、いつ退陣するのかと繰り返し質問されているがその意向はまだ無いようだ。

引退時は次男のRichardと違ってあまりメディアに登場しない長男のVictor Liが後を継ぐとされている。

© Thomson Reuters 2021 All rights reserved.