×
By
fashionsnap
掲載日
2019/07/28
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

東京を代表するミレニアル世代のアーティストとコラボ、ベネトンがデジタルスタイルブックを公開

By
fashionsnap
掲載日
2019/07/28

 「ユナイテッド カラーズ オブ ベネトン(United Colors of Benetton.)」が、日本公式サイト内で東京発の新しい世界観を表現したデジタルスタイルブック「Benetton Rainbow Machine -Tokyo Edition-」を公開した。

Benetton Rainbow Machine -Tokyo Edition- Image: Benetton Japan


 デジタルスタイルブックは、昨年10月にアーティスティックディレクターに就任したジャン・シャルル・ドゥ・カステルバジャック(Jean-Charles de Castelbajac)による初のカプセルコレクション「Rainbow Machine Collection」の発売を記念した日本オリジナルの特別企画。コレクションのインスピレーションはそのままに、今の東京を代表するミレニアル世代のクリエイターやアーティストたちによる独自の切り口でブランドの世界観を打ち出した。
 
 企画全体のアートディレクターには、アーティストの清水文太を起用。アートワークはブラジル出身のコラージュアーティストPedro Nekoiが手掛けた。モデルには、ガールズヒップホップユニットのスダンナユズユリーや、モデルでDJのUna 、Matcha、ラッパーのHiyadam、Type cold、ヘアメイクアーティストの太田晴也など計10人のインフルエンサーが登場。ベネトンの公式サイトやYouTubeチャンネル、インスタグラムでは、映像クリエイターのNasty Men$ahが制作したスペシャルメイキングビデオが公開されている。

 また、公開に合わせてインスタグラムのキャンペーン「Benetton Rainbow Machine -Tokyo Edition- Present Campaign」を実施。各モデルが着用しているアイテムが抽選で10人に当たる。応募期間は8月2日の12時まで。


 


 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.