×
By
fashionsnap
掲載日
2019/02/01
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

松屋銀座が首都圏最大級のランジェリー&ナイトウェアゾーンをオープン、化粧品売場の増床も

By
fashionsnap
掲載日
2019/02/01

 松屋銀座が2月17日、首都圏最大級の面積と品揃えとなるランジェリー&ナイトウェアゾーンを6階にオープンする。

イメージ画像Image: 松屋銀座


 4階から移設リニューアルするランジェリー売場「ル ランジェ」「ル ランジェ」の売場面積は約640平方メートルで、改装前から10%ほど拡張する。ファッションに高い関心を持つ40代〜50代女性をターゲットに、インポートランジェリーの新規導入やラインナップを拡充するほか、インティメイトアドバイザーと呼ばれる有資格者を常駐させることで接客を強化する。「ワコール(Wacoal)」や「トリンプ(Triumph)」「シャンテル(Chantelle)」「プリマドンナ(PrimaDonna)」「ミレジア(Millesia)」などのアイテムが並ぶ。
 
 新設するナイトウェア売場「ル ランジェ スリープ」では、入浴後から寝るまでのリラックスタイムの充実と快適な眠りのためのナイトウェアや雑貨を提案。「マタノアツコ」や「ワコール」「プライベート・スプーンズ・クラブ(Priv. Spoons Club)」「睡眠科学」など機能性やデザイン性を追求したブランドを展開する。フィッティングルームには実際の寝室をイメージし、ベッドや音響製品といったリビング売場の取り扱い商品を設置。今後、リビング売場と連携したフェアや睡眠セミナーの実施を予定しているという。

 このほか、28ヶ月連続で売上が前年超えと好調であることを踏まえ、化粧品売場を2月2日に増床オープン。「アンプリチュード(Amplitude)」と「イトリン(Itrim)」の新規2ブランドが出店する。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.