×

桂由美が創作活動55周年を記念したショー開催、人生の節目を祝う純白のドレスを披露

By
fashionsnap
掲載日
2020/02/18
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 デザイナーの桂由美が2月18日、創作活動55周年を記念したランウェイショー「55th Yumi Katsura Grand Collection in Tokyo "Brilliant White Debut"」をThe Okura Tokyoで開催した。ショーでは「Brilliant White Debut」をテーマに、「ユミカツラ(Yumi Katsura)」の新作ドレスや和装、約80点を披露。ゲストとして高嶋政宏とシルビア・グラブ夫妻らが登場した。

ランウェイショーの様子 - Image: Fashionsnap.com


 今回のショーでは誕生から七五三、成人式、起業式、結婚式、結婚記念日といった人生の様々な節目に着用する装いとして、白色を基調としたドレスを提案。純粋、清純、神聖、希望、心機一転など白色が持つ様々なイメージを作品に落とし込んだという。成人式シーンでは、レースのジャケットとプリーツスカートを着用したモデルの平田かのんが登場。ウエディングアニバーサリー「クリスタル・ウエディング」(結婚15年目)のシーンでは、クリスタル刺繍が光り輝くドレスを纏ったシルビア・グラブと、ドレスと同様に刺繍をあしらったタキシードを着用した高嶋政宏がランウェイを歩いた。
 
 このほか、結婚式のシーンには元新体操日本代表の畠山愛理、「パール・ウエディング」(結婚30年目)のシーンには実業家の片山龍太郎と参議院議員の片山さつき夫妻、「エメラルド・ウエディング」(結婚55年目)のシーンには映画監督の吉田喜重と女優の岡田茉莉子夫妻などが登場。ランウェイショーの合間には、菅義偉官房長官や歌舞伎俳優の市川海老蔵ら各界の著名人から届いた55周年を祝うメッセージムービーが紹介されたほか、能楽師の大倉正之助やラッパーのOZworldがパフォーマンスを披露し会場を盛り上げた。

 ショーの冒頭でステージに登壇した桂は「あっという間の55年だった。1965年から現在まで国内で88回、海外では108回のGrand Collectionのショーを行ってきた。ウエディングドレスを着る人がほとんどいない時代に、自分が着たいドレスが着られずに不自由していた人たちをどうにかして助けたいという思いでブランドを始めてやってきたが、今ではなんとか国際水準に並ぶところまで来れたと自負している。ファッションにおけるクリエイティブは常に先頭を切っていきたい」と話し、これまでの創作活動を振り返った。

 

Copyright © 2020 Fashionsnap. All rights reserved.